Event is FINISHED

VRDG+H #3 (Day)

Description
※こちらはDay(昼公演)ページになります。
*Tickets for matinee (Day) performance are available on this page.

※チケットご購入後のキャンセル/変更は承りません。ご了承下さい。
*Please note that cancellation/change cannot be made after ticket purchase.


- See below for the English version. -

HIP LAND MUSICが新たに立ち上げたクリエイティブ・ディビジョン「INT」とオーディオビジュアル表現のプラットフォーム「BRDG」とのコラボレーションイベントの第三弾『VRDG+H #3』の開催が、「山の日」となる8月11日(木曜・祝日)に決定した。
会場は世界初、世界最高峰テクノロジーを駆使した、新時代のの常設ホログラフィック劇場「DMM VR THEATER」。今回は昼公演(Day)、夜公演(Night)と2公演の実施となる。



今回の出演者は、主にウェブサイト上で映像・インタラクティブ作品を発表する北千住デザインと、DE DE MOUSEとのコラボレーションを始め、広告映像やMV、公共放送のモーションデザイナーとして活動する大橋史とイラストレーターkazami suzukiのコンビが、Maltine RecordsよりEPをリリース後、多数のRemix制作、イベント出演をするTomgggが、女性マルチ・アーティスト/サウンドプロデューサーのボンジュール鈴木をフューチャリング。また、LITEはじめ、国内外様々なアーティストのライブビジュアルやMVを手がけるKezzardrixと、『8K×3D×22.2ch立体音響「Aoi -碧- サカナクション」』にも携わるRay Kunimotoが共演。そして、もはやVRDG+Hのアイコニックな存在となったKeijiro Takahashi × DUB-Russellが三度登場となり、いずれも気鋭の映像作家とミュージシャンとの共演が繰り広げられることとなった。

第一弾、第二弾とともに全席ソールドアウトとなり、終演後もSNSや各メディアで大きな話題となった『VRDG+H』。昼夜2回の公演となるが、今回も早めのチケット購入をオススメする。


『VRDG+H #3』
日時:8月11日 (木・祝)
   Day - Open:13:00 / Start:14:00
   Night - Open:18:00 / Start:19:00
会場:DMM VR THEATER ( http://www.dmm.com/theater/index.html )
主催:HIP LAND MUSIC CORPORATION
企画・制作:HIP LAND MUSIC CORPORATION / BRDG
協力:DMM.futureworks
チケット:前売り¥3,800(ドリンク代¥500別) 当日券未定


出演:
北千住デザイン × DE DE MOUSE
大橋史 with kazami suzuki x Tomggg ft. ボンジュール鈴木
Kezzardrix × Ray Kunimoto
Keijiro Takahashi × DUB-Russell

___

The third volume of VRDG+H has been announced to be held on August 11th. This is a special collaboration event of INT, or the creative division newly launched this year by HIP LAND MUSIC, and BRDG, or a frontier of audio-visual representation. The show will take place at DMM VR THEATER, a venue that makes full use of the world’s first and most advanced holographic technology. There will be matinee and evening performances in a day this time.

A short video from the last volume is available on YouTube.

The event features a collaboration of up-and-coming visual artists and musicians including: Kitasenju Design, who has been releasing videos and interactive works on his website, and DE DE MOUSE; Takashi Ohashi, a motion designer for public broadcasting / advertising videos / music videos, and an illustrator, kazami suzuki; Tomggg, who has produced a large number of remixes and has appeared in numerous events after his release of an EP from Maltine Records, featuring Bonjour Suzuki, a female multi-artist and sound producer; Kezzardrix, who has produced live visual performances and music videos for various artists both inside and outside Japan, such as LITE, and Ray Kunimoto, who has engaged in the project of 8K K × 3D × 22.2ch three-dimensional sound "Aoi - Sakanaction”; and finally, Keijiro Takahashi and DUB-Russell, who have become iconic in VRDG+H, generating a great deal of buzz in the last two volumes.

Early ticket purchase is highly recommended as the tickets for both first and second volume of this event were quickly sold out, becoming a topic of conversation on SNS and other media. Matinee and evening performances are available at the same price.


VRDG+H #3
[Date] August 11th, Thursday (holiday).
   Matinee - Open:13:00 / Start:14:00
   Evening - Open:18:00 / Start:19:00
[Venue] DMM VR THEATER ( http://www.dmm.com/theater/index.html )
[Organizer] HIP LAND MUSIC CORPORATION
[Planning and Production] HIP LAND MUSIC CORPORATION / BRDG
[Contributor] DMM.futureworks
[Tickets] Adv: ¥3,800 + 1 Drink (¥500)
*Door ticket availability is to be announced.

================================


北千住デザイン

会社員のかたわら北千住デザインとして、主にウェブサイト上で映像・インタラクティブ作品を発表している。クライアントワークで使えそうにない表現と、プログラミングを使った映像表現を探求中。

http://kitasenjudesign.com/


DE DE MOUSE

遠藤大介によるソロプロジェクト。作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。また、自身の曲のプログラミングやミックス、映像もこなす。

織り重なり合う、計算しつくされたメロディと再構築された「歌」としてのカットアップサンプリングボイス。流麗に進む和音構成と相交わりから聞こえてくるのは煌びやかで影のある誰にも真似出来ない極上のポップソング。沁み渡るような郊外と夜の世界の美しい響きから感じる不思議な浮遊感と孤独感は、多くのクリエイターにインスピレーションを与えている。

ライブスタイルの振れ幅も広く、ツインドラムで構成されリズムの高揚感を体現するDE DE MOUSE + Drumrollsや、縦横無尽に飛び回るDJスタイル、即興とセッションで繰り広げるDE DE MOUSE + his drumner名義に、映像を喚起させるDE DE MOUSE + Soundandvisions名義など、多種多様のステージングを展開。 FUJI ROCK FESTIVALやTAICOCLUB、RISING SUN ROCK FESTIVAL、GREENROOM FESTIVALにSonarSound Tokyoなど多くのフェスティバルにも出演、イギリスやフランス、ドイツなど海外遠征も盛んに行っている。

近年では実験的な試みを体現する主催イベント"not"や即日完売が恒例となっているプラネタリウムを舞台にした演奏会や、盆踊りイベント等、音楽イベントを飛び越えた活動も始め、イベントの演出やその完成度が、各方面から多くの注目を受ける。また、ファッションやアニメ、ゲームなど他ジャンルからの支持も強く、作品、グッズ、イベントに至る全てのプロデュースを手がけると共にファッションブランド等とのコラボレーションワークも数多く行なっている。

2012年にnot recordsを始動。

2015年6月~7月にはレーベル3周年として「youth 99」「milkyway drive」の2枚のEPを発売。

そして12/2に、ジャケットイラストに『ファイナルファンタジーXII』や『タクティクスオウガ』のキャラクターデザインを手掛け、DE DE MOUSE 3rdアルバム「A journey to freedom」を手掛けた吉田明彦氏と再びタッグを組んだ3年ぶり5枚目のオリジナルフルアルバム「farewell holiday!」をリリース。

今作では本編収録楽曲のremix / リアレンジ音源等をパッケージ付属のDLカード上にて発表していくという新しい形のアルバムプロジェクトを敢行!

http://dedemouse.com


大橋史 | Takashi Ohashi


1986年生まれ。言葉、図形譜をテーマにCGの有限性を意識したアニメーション表現の研究と作品発表をする傍ら、広告映像やMV、公共放送のモーションデザイナーとして活動中。作品の多くはwhite-screenやstashなど国内外のカルチャーマガジンや映像祭で上映・掲載され評価を受けている。近年の仕事は、ファンタWEBプロモーション『ジコショウカイラップ』の演出やフォークデュオ『ゆず』のコンサート映像の演出、科学教育番組『ミミクリーズ』のアニメーションを手がけている。

http://takashiohashi.com



Tomggg

1988年, 千葉県生まれ。劇的な展開・キラキラした音を駆使し、ものすごく楽しくなる楽曲を公募型コンピレーション”FOGPAK”や自身soundcloudなどインターネットを中心に発表、Maltine RecordsよりEP『Popteen』をリリースした。現在はカナダのトラックメイカーRyan Hemsworthとの楽曲制作、バンド”禁断の多数決” や Porter Robinson, Spazzkid, ラブリーサマーちゃんなどのRemix制作を行う。

そして新たなEPを2015年3月18日CD/配信で”Butter Sugar Cream” をリリースする。

http://info.tatsuyafujishiro.com



ボンジュール鈴木

東京出身の女性ビートメイカー/サウンドプロデューサー。

3歳からクラシックピアノを始め、ジャズ歌手の母と仏の親族という環境の下、作曲活動を開始。ヴォーカルから作詞作編曲、演奏、マスタリングまでを一人で行なうマルチな才能の持ち主で、南仏に留学の時に出会った欧州のエレクトロニカ/ヒップホップや、クラシック、教会音楽の影響を強く受けたサウンドを構築。独特の甘ったるいロリータ・ウィスパー・ボイスが絡み合う楽曲は現在の音楽シーンの中でも一際異彩を放っている。

幾原邦彦監督のアニメ『ユリ熊嵐』のオープニング曲「あの森で待ってる」で一躍注目を浴び、2015年4月に1stアルバム『さよなら。また来世で』同年11月に2nd EP『Lollipop シンドローム』をリリース。ももいろクローバーZとの代々木体育館の共演や、jinmenusagi、ESNO、Tomgggなどをはじめとする話題のアーティストとも作品を共作。2016年にはアニメ「石膏ボーイズ」「くまみこ」、TeddyLoidの楽曲にfeat参加した「宇宙パトロールルル子」でトリプルタイアップを獲得するなど、その勢いはとどまるところを知らない。

http://bonjoursuzuki.com



Kezzardrix

自作ソフトウェアを駆使した表現で、国内外様々なアーティストのライブビジュアルやMVの制作を手がける。また、デジタルサイネージ、現代美術、舞台パフォーマンスなどのインタラクティブな仕掛けのプログラマとしても幅広く活動。映像プログラマとして所属するSjQ++ではアルス・エレクトロニカ2013において、準グランプリである”Award of Distingtion”を受賞。近年は、Yaprogami/Yu Miyashitaとのオーディオビジュアル作品、LITEのツアーVJ、ブラックメタルバンドVMOへの参加、比嘉了との「C++パンクユニット」HEXPIXELSの結成、ケザドリLINEスタンプの制作など、ジャンルを横断した活動を行っている。

2016年度からHIP LAND MUSICのクリエイティブディビジョン"INT"所属。

http://www.kezzardrix.net


Ray Kunimoto | 國本怜

1991年NY生まれ。慶應義塾大学文学部美学美術史専攻卒業。

作曲家としての楽曲提供・演奏活動と並行し、国内外のインスタレーション作品において作曲・サウンドプログラミングを手がける。空間音響設計も含めた、あらたな音楽体験の提供を指向する。主な近作には、CD『A.D.S.R.』(N.O.R.K./2012)、楽曲提供『JK/DAOKO』(DAOKO/2015)、インスタレーション『Crystal Universe』(teamLab/2015)、『3,500万曲ビルボード』(Google/2015)、インスタレーション『Tokyo Colors. 2015』(JR/2015)、『8K×3D×22.2ch立体音響「Aoi -碧- サカナクション」』(NHKメディアテクノロジー/2015)などがある。

http://raykunimoto.tokyo/



Keijiro Takahashi | 高橋 啓治郎

大手ゲームメーカーに10年間在籍の後、独立。フリーランスのプログラマーとしてiOS/Androidアプリの開発や書籍の執筆等を手掛ける。現在はUnity Technologies Japanにエバンジェリストとして所属し、国内におけるUnityの伝導活動に勤しむ傍ら、Unityを使用したリアルタイム/インタラクティブな映像作品の制作活動を展開している。

http://radiumsoftware.tumblr.com



DUB-Russell

東京を拠点に活動する首藤陽太郎とNOEL-KITによるユニット。

2010年12月、TokyoMaxUsersGroupでのライブセッションを機に、DUB-Russellとして本格的に活動を開始。

2011年にはオンラインレーベル”+MUS”から”Grasp Echoes”、翌2012年には”Prank Poles”をリリースし、自作の音楽ソフトウェア”HSU-001″および”HSU-002″を同梱した各タイトルは各方面の反響を呼び高い評価を受けた。

またRevirth Digital Split Single “Gramline a.k.a. O.N.O x DUB-Russell”としてGramlineとのスプリット・シングルのリリースやJeff Mills "Where Light Ends"のリミックスを手がけるなど活動の幅を確実に広げている。

ライブにおいても"SonarSound Tokyo"や"Rainbow Disco Club"、"EKEKTRA 16"など国内外の電子音楽系イベントに多数出演、即興的なプロセスで多層レイヤーを織り成し、次元をねじ曲げたような強烈なビートと、その奥に見え隠れする美しいサウンドスケープを併せ持つ斬新なサウンドで圧巻のパフォーマンスを魅せる。

http://dubrussell.com

Event Timeline
Thu Aug 11, 2016
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
DMM VR THEATER
Tickets
全席指定 ¥3,800
Venue Address
神奈川県横浜市西区南幸2丁目1-5 Japan
Directions
JR横浜駅 西口 徒歩5分
Organizer
VRDG+H
551 Followers